寒暖差アレルギーに悩んでいる人必見!|自宅で簡単にできる対策5選

QOL
スポンサーリンク

たぬまま
たぬまま

こんにちわ!たぬままです😊

 

最近急に暑くなってきましたね。年々春が短くなって夏がくるのが早くなってきている気がします。

実際に、三ヶ月予想によると例年に比べて全国的に気温は高くなるとの予報が出ています。

そして、今月から来月にかけて季節の変わり目に起こりやすい物があります。
 
それは寒暖差アレルギーです!

 

今くらいの時期は特に朝晩の寒暖差が多く出る時期です。

 

寒暖差に対してしっかりと対策をしていないと、自身の健康や体調を屈してしまうことはもちろんの事、生活の質にも大きな影響を与えます。

今日は、この時期に自宅で簡単に実践できる寒暖差アレルギー対策を紹介します。季節の変わり目であるこの時期、朝晩の気温差に悩まされている方も多いでしょう。

・寒暖差アレルギーってそもそも何?
・生活や自分の体調にどんな影響を及ぼすの?
・どんな備えや対策があるの?

⬆️このような事で悩まれている人は必見です!

また、すぐに取り入れられる実践的な方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1、そもそも寒暖差アレルギーって何?

寒暖差アレルギーは、正式には「気温差アレルギー」とも呼ばれます。医学的には、気温の急激な変化によって自律神経が乱れ、その結果、アレルギー症状が引き起こされる現象です。
気温が大きく変わると、体はその変化に対応しようとして自律神経が活発に働きます。
しかし、急激な温度変化により自律神経が過剰に反応すると、鼻の粘膜や肌が敏感になり、アレルギー症状が現れます。

たぬまま
たぬまま

特に7度以上温度差が出ると発症します。

症状としては以下の通りです。

1. 鼻の症状:鼻水・くしゃみ・鼻づまり
2. 喉の症状: 喉の痛みやかゆみ・乾いた咳
3. 目の症状:目のかゆみ・涙目
4. 皮膚の症状:肌のかゆみ・乾燥肌
5. 全身の症状:倦怠感・頭痛

 

2、生活に与える影響

たぬまま
たぬまま

アレルギー症状が生活に及ぼす影響は以下の通りになります。

1. 身体的な不快感
➡️眠りを妨げる鼻づまりや喉の痛みは、睡眠不足や集中力の低下を引き起こします。

2. 精神的なストレス
➡️アレルギーによる睡眠不足や体調不良は、心身のバランスを乱し、イライラや不安が増しストレス感を増幅させます。

3. 生活の制限
➡️趣味活動やプライベートで楽しむ時間が制限され、生活の質が低下することがあります。

4. 仕事や学業への影響
➡️症状が悪化すると、生産性が低下し仕事や授業中に集中力を保つのが難しくなります。

 

 

3、自宅で簡単にできる対策方法

1. 室内の温度と湿度を一定に保つ

五月下旬は日中の気温が上がり、朝晩との気温差が大きくなるため、室内の温度と湿度を整え、体への負担を減らしましょう。

室温を20〜24度に保ち、空気を循環させることで、室内の温度を均一に保つ事も大事です。
湿度は40〜60%になるように調整します。特に乾燥しやすい朝晩には加湿器を活用しましょう。
たぬまま
たぬまま

観葉植物を置く事も自然に湿度を保つ助けになります。部屋がおしゃれにもなりますよ😊

 

2. 衣服の選び方を工夫する

五月下旬の気温差に対応するためには、適切な衣服の選び方が重要です。

・重ね着できるカーディガンやベストを着ることで、衣類の脱ぎ着で温度調整できます。また、首元を温めることも体全体の冷えを防ぐために必要です。
綿やリネンなど、通気性の良い素材の服を選ぶ事で、汗をかいても蒸れにくく快適に過ごせます。また、吸湿速乾性のある素材もおすすめです。
たぬまま
たぬまま

スポーツブランドのTシャツ何かが特にいいですよ。

 

3. 栄養バランスの取れた食事を心掛ける

食事も寒暖差アレルギーの予防に効果的です。特に免疫力を高める栄養素を意識して摂取しましょう。

• ビタミンCにはアレルギー症状を軽減させる効果があります。いちご、キウイ、オレンジ、ブロッコリーなど、ビタミンCが豊富な食品を積極的に摂りましょう。
•同じようにビタミンDにも同じ効果があります。鮭やカツオなどの魚類や木耳や椎茸などのキノコ類、卵黄などがあります。
たぬまま
たぬまま

こまめな水分補給も大事ですよ。

 

4. 生活習慣の改善

生活習慣の見直しも寒暖差アレルギーの症状緩和に役立ちます。

・十分な睡眠環境の整備をして、静かな環境で眠るよう心掛けます。定期的な寝室の掃除も重要です。また、規則正しい生活を送り体内時計を整えましょう。
ウォーキングやストレッチ等の適度な運動をを取り入れることで、体を動かしながら心身共にリフレッシュできます。
たぬまま
たぬまま

好きな事をしてリラックスする事も大事です。

 

5. セルフケアの取り入れ方

日々の習慣に少し手を加えることで、寒暖差アレルギーの症状を緩和することができます。

市販の鼻洗浄キットを使って、生理食塩水で鼻を洗浄します。朝晩の習慣にすると効果的です。特に晩に行うと一日でついた汚れを効果的に行う事ができます。
• シャワーで温冷交代浴を行う事で自律神経のバランスを整えます。温水1〜2分、冷水30秒〜1分を目安に自身に合った方法でやる事が大事です。
たぬまま
たぬまま

好みはありますがアロマテラピーも効果的です。

 

4、まとめ

これらの対策について普段の生活スタイルや体質等の問題で全てを実行することは難しいかもしれません。

ただ、この中の内自分でも出来そうだったり、普段行っていることの中に取り入れられそうな物があれば、寒暖差アレルギーの症状に対して効果的に緩和する事ができます。

これから暑くなっていく季節、皆さんの健康と快適な生活を応援しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました😊

では、また〜😆

 

 

タイトルとURLをコピーしました